高分子

すっぽんとビタミンB1

すっぽんにはビタミンB群に属する、B1、B2、B6、B12の四種類のビタミンが含まれています。
このうち、B1は私たち日本人には特に必要なビタミンと言われています。
それはなぜでしょう? 
ビタミンB1は私たちの体の中でどのような働きを担っているのでしょうか?

ビタミンB1は、チアミンやサイアミン、アノイリンとも呼ばれる、水溶性ビタミンに分類される生理活性物質で、もともとは脚気の予防因子として発見されました。
糖質や分岐脂肪酸の代謝の際に利用されるので、米を主食とする糖質の多い食生活を送る日本人は体内における消費量が高く、結果貯蔵量が少なくなってしまう傾向があるので、積極的に摂る必要があります。
先に述べたように水溶性の性質を持っているので、体内で余剰分が出た場合は尿などで排出されるため、過剰摂取を心配する必要はありません。
糖質の代謝を促す働きに加え、ビタミンB1には神経・筋肉を正常に保つという作用もあります。

ビタミンB1の不足が続いた場合、私たちの体は糖質を効率的にエネルギーに変えることができなくなります。そのため疲労感や倦怠感・食欲不振といった好ましくない症状があらわれます。
また脳に充分なエネルギーを供給できなくなるため、イライラしたり、集中力がなくなるなどの影響も出ます。欠乏期間が長期に及ぶと、手足のしびれやむくみ、動悸、食欲不振に陥ります。
明治期の日本に蔓延した脚気も、ビタミンB1不足が原因の病気です。
中枢神経に異常がおこるウェルニッケ脳症などを発症する恐れもあります。

ビタミンB1はスッポンが持つ代表的な栄養素の一つですが、熱に弱い性質に加え、水に溶け出しやすい水溶性の性質を持っているため、すっぽん雑炊、すっぽん鍋などの調理法では失われてしまう可能性があります。
そこでオススメしたいのが鼈サプリメントです。
もちろん、すっぽん以外にも酵母、豚肉、うなぎ、豆類、全穀パン、牛乳、緑黄色野菜などにも含まれていますので、幅広い食材から摂取したいものです。

以上のように、ビタミンB1は糖質の代謝を促し、脳にエネルギーを運び、筋肉や神経を正常に保つ働きがあります。
様々な食材に含まれており、それらから幅広く摂取することが望ましいのですが、熱に弱く、水に溶け出しやすいという、厄介な面も持っているので、サプリメントを合わせて利用することが効果的です。